お問い合わせ

中国上海市での生産ラインFP化支援について

中国の生産工場において、生産性向上、品質向上の為の、生産ラインのFP化(ポカヨケ)は、緊急の課題になっていることと思います。

弊社では、各社のPLCや測定機器(トルクレンチ等)と、パソコンを接続し、合否判定や次工程の着手許可の判断を、人ではなく、システムで行うことで、生産ラインのFP化を支援しています。

中国上海市、江蘇省常州市、広東省中山市を拠点に、周辺地域をカバーしております。

構築事例

Image45

トルクレンチ-PC-PLCを連携

トルクレンチの測定結果と、測定回数をPCに送信。PC側に保持している、規定回数・検査基準の情報に基づいて合否判定を実施します。

合格の場合はPLCに合格情報を送信し、次工程の着手を許可。不合格の場合はPLCに不合格情報を送信し、ブザーを鳴らすと同時に、次工程着手をストップします。

Image1

PLCとPCを連携

PLCから測定結果を受信、PC側で合否判定を実施して、不合格の場合に、PLCにライン停止命令を送信し、ラインをストップします。

Image41

指紋認証機器-PC-PLCを連携

始業時に作業員が指紋認証。生産実施の為のスキルを備えている人員か、人数は足りているかを判定し、結果を蓄積します。

必要なスキルを保持した人員がそろうまでは、生産ラインは稼働できません。

Image50

指紋認証機器-クラウドサービスを連携

機器の接続先はPCでなく、クラウドサービスでも可能です。左図は、指紋認証結果を、サイボウズ社のkintoneに格納するパターンです。

会社情報

お問い合わせは、右上の「お問い合わせはこちら」からでも可能です。

会社ホームページ http://www.renyuer.com/japan/

メールでのお問い合わせ info@renyuer.com

Image3